日本らしい

花束と手紙

現在密かなブームとなっている結婚式のスタイルに、神前式があります。神前式は日本古来の神々に結婚を誓う式で、日本らしい結婚式を求めるカップルに人気です。 現在一般的に行われている神前式が誕生したのは、今から100年あまり前の明治時代です。 明治33年に行われた、明宮嘉仁親王(大正天皇)のご婚儀が誕生の直接的なきっかけになりました。 日本においては古来より結婚式は自宅で行われることが殆どであり、場合によっては神社などで挙式することはあっても一般的ではありませんでした。 そうした状況の中で、嘉仁親王が皇居内にある宮中三殿において、神前でご婚儀をなされたことは報道を通じて全国に伝えられました。 そうした報道に触れた国民の間から、ご皇室と同じような結婚式を挙げたいという要望が高まり、皇室の婚儀を参考に神前式が誕生しました。

現在日本で行われている結婚式の中でも特に日本らしい結婚式を代表する存在となっている神前式ですが、日本国内だけでなく日本文化に興味を持った海外在住のカップルも日本で神前式を挙げる例もあります。日本らしさがむしろ国際的な魅力となり、こうした国際的なニーズを取り込んでいくことも、ビジネスとしての神前式が発展していく契機となっていくと予測されます。 日本で行われる結婚式の主流は昔から、キリスト教式のチャペルウエディングです。元々西洋への憧れなどから流行したキリスト教式ですが、現在はむしろ定番として定着しています。こうした状況は今後も変わらないと予測されますが、結婚式へのニーズが細分化しているという現状もあります。 そうした中で神前式は日本らしさを求めるカップルの、ニーズの受け皿として今後も更に発展していくと予測されます。